会社概要

商号 サミット酒田パワー株式会社
代表取締役 高瀬 正道
業種 電力事業
資本金 495百万円
設立年月 2012年12月
株主 サミットエナジー株式会社(住友商事100%出資子会社)
住友商事株式会社
所在地 サミット酒田パワー株式会社
〒998-0005 山形県酒田市宮海字南浜1番102
( Googleマップはこちら。駐車場案内はこちら)
TEL.0234-28-8413 Fax.0234-28-8414
http://www.summit-sakata-power.co.jp
電力供給先 サミットエナジー株式会社
発電所沿革 2012年12月 会社設立
2016年4月 ペレット倉庫着工
2016年6月 発電所着工
2017年3月 タービン棟、ボイラ棟 立柱
2017年10月 系統受電
2017年10月 ペレット倉庫竣工
2018年8月23日 発電所商業運転開始

沿革

サミット酒田パワー(株)バイオマス発電所は、山形県酒田市の中心部より北側に位置する酒田北港に面して立地しております。京都議定書の発効に伴い地球規模でのCO2削減の必要性が叫ばれている中、サミット酒田パワー(株)バイオマス発電所はその社会的なニーズを背景に誕生いたしました。

電力小売事業に力を注いでいる住友商事(株)の電力小売り用電源として設立されたもので、発電用の主燃料としてバイオマスを利用して最大発電能力50,000KW を実現する国内最大のバイオマス発電事業です。

2011年3月11日の東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故を契機に、原子力に依存していた従来の電源構成から再生可能エネルギーの大幅拡大を図るための道筋が必要との見直しがなされ、2011年8月に成 立した電力事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(再エネ法)に基づき、2012年7月に「再生可能エネルギーの固定買取価格制度」=FIT制度が施行されました。

本発電所は、経済産業省資源エネルギー庁、並びに林野庁との事前打合せを重ね、設備内容(機器・金額・場所等)、使用計画書(木質バイオマスの合法性書類及び燃料使用計画)を作成し、2013年11月に東北経済産業局にFIT設備認定の申請書提出を完了、2014年3月に2013年度の設備認定を受領しております。

本発電所は2018年8月23日より商業運転を開始しました。

発電された電力は全量、新電力であるサミットエナジー(株)を経由して主に東日本の電力需要家(企業・自治体)向けに供給しております。